*

WEB上で動作するSwiftの疑似実行環境 RunSwift・SwiftStub

公開日: : 役立ち情報

Swiftの実行環境はMac+Xcode。ウワサのSwift言語に興味があっても、Macを所有していなければ実践的な学習を始めることができない。この辺りは、Appleによって作られた言語ではなかったためMac以外の実行環境を見つけるのも容易であったObjective-Cとは異なる。Swiftを知りたいのなら、まずMacを購入してマックユーザの仲間入りをしなければならない!

いやいや、ちょっと簡単なプログラムならば、WEB上で試してみることが出来る。”Hello, World!”プログラムのような簡単な文字出力プログラムは、WEB上で構文の解析をして、擬似的に実行、結果を返してくれるというサービスがある。こういったサービスを知っていれば、Swiftのために高いMacを買って、挫折した結果Macだけが残るという事態も避けられるだろう。

RunSwift

RunSwiftというサービスは、Swiftのベータが取れる少し前に発足したサービス。ブラウザ左のエディタにコードを書き込み右下のボタンを押すことで、コンパイルされた結果が右に表示される。Swiftについて全く知らない人でも、左のエディタに元々書いてあるサンプルコードをいじってみることで、おおよそどういった文法なのか見当をつけることができるだろう。ちなみにこのコードは、プロジェクト・オイラーの最初の問題の解答。

RunSwiftスクショ

RunSwiftスクショ

SwiftStub

SwiftStubもまたブラウザ上でSwiftを試すことの出来るサービスだが、こちらはAjaxを使ってリアルタイムに結果を表示してくれる。

SwiftStubスクショ

SwiftStubスクショ

こちらのサービスが素晴らしいのは、iOSデバイスでも一応動作してくれること。通勤途中などちょっとした時間を使って、Swiftをいじりまわすことができる。Swiftを業務で使う予定はないけれど、独学したいという場合には、最初のワンステップに大いに役立つだろう。

関連記事

no image

Swiftのアーリースターターのための情報&便利なサイト

Swiftが発表された!さあ習得するぞ!と意気込んでも、まだベータ版の状態であるXcode 6をAp

記事を読む

no image

Apple公式Swiftドキュメントが追加。Objective-Cや既存APIとの連携について解説

Swift言語についてのAppleの最初の公式マニュアル WWDC2014でのSwift言語の

記事を読む

OSXの画面の共有

iOSアプリ作成の第一段階として…まずXcodeが動く本体を購入しよう

iOSのための開発をXcodeで行うと決めたところで、まず必要になるのはMac本体だ。Xcodeは残

記事を読む

no image

WordPressプラグインCrayon Syntax HighlighterがSwiftに対応!

WordPressブログでSwiftのコードを紹介する際に、これまでは新言語ゆえにコードのハイライト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Swiftが今年後半を目処にオープンソース化!そしてSwift 2

一時期iOSとOSXの開発からは離れていたけれど、久しぶりの大きなニュ

RunSwiftスクショ
WEB上で動作するSwiftの疑似実行環境 RunSwift・SwiftStub

Swiftの実行環境はMac+Xcode。ウワサのSwift言語に興味

no image
待望のRetina iMacが登場! iOSアプリの開発が楽になる?

10月16日(日本時間17日)に行われたAppleの新製品発表会。大方

no image
Swiftの参考書 電子書籍以外にもボツボツと登場

書店の棚に並んでいるSwift本を見て、正式リリースを実感! 何しろ

no image
Swift1.0を含むXcode6のGMが公開

大体2週間の間隔を空けてbetaのヴァージョンナンバーが上がり続けてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑