*

WordPressプラグインCrayon Syntax HighlighterがSwiftに対応!

公開日: : ニュース, 役立ち情報 ,

WordPressブログでSwiftのコードを紹介する際に、これまでは新言語ゆえにコードのハイライト表示をするプラグインが全く存在しなかった。
しかも、Swiftに似たシンタックスの言語もあまり無いものだから、他の言語のハイライト設定を流用して使っても、どうも見映えが悪かった。
ということで、コードハイライトプラグインのどれかが対応してくれないだろうかとずっと待ちわびていたわけだが、Swiftの発表から一ヶ月が経とうというタイミングで、対応プラグインがやっとこさ登場したようだ。

Crayon Syntax Highlighter 2.6.4でSwift対応に

Crayon Syntax Hightlighterは、WordPressに入れるコードハイライトプラグインの内の有名どころで、大体このプラグインか、WP-Syntaxかといったところではないかと思う。WP-Syntaxについては、どういったコードをハイライトするかというのがGeSHiという別プロジェクトに依存しており、そちらがまず対応しないとプラグインの方の対応も見込めない。ただし、対応言語が非常に非常に多いので、その点では、マイナー言語の利用者はこちらのプラグインを外せないのではないかと思う。
ただ、Crayon Syntax Highlighterもひととおりの言語に対応しており、まず普通のプログラマなら不足を感じないだろう。また、WP-Syntaxの方は今後アップデートされるか不明なところがある(ヴァージョン1.0で止まっている)。そこで、今後Swiftやら新言語やらのシンタックスハイライトが必要になるのであるならば、Crayon Syntax Highlighterの方をとりあえず勧めておきたい(自分も乗り換えようか悩み中)。
そのSwiftには、ヴァージョン2.6.4から対応のようなので、それ以前の版を使っているのならば忘れずにアップデートしておこう。

関連記事

no image

AppleがSwift情報を発信する公式ブログを開始 そしてXcode6 betaは無償ダウンロード可に

長年のAppleウォッチャーほど、さほど驚きなく受け容れられるニュースかもしれない。 Appl

記事を読む

no image

Swiftの参考書 電子書籍以外にもボツボツと登場

書店の棚に並んでいるSwift本を見て、正式リリースを実感! 何しろまだXcode6がbetaの頃

記事を読む

no image

Apple公式Swiftドキュメントが追加。Objective-Cや既存APIとの連携について解説

Swift言語についてのAppleの最初の公式マニュアル WWDC2014でのSwift言語の

記事を読む

no image

Swiftのアーリースターターのための情報&便利なサイト

Swiftが発表された!さあ習得するぞ!と意気込んでも、まだベータ版の状態であるXcode 6をAp

記事を読む

no image

Xcode6 beta5が登場。Swift仕様も変更に次ぐ変更…

まだベータ版であるから仕方ないとは言え、Xcode6 beta3の無償提供開始から一ヶ月を経たずして

記事を読む

no image

Appleが新開発言語のSwiftを発表!とりあえずサイトを作ってみた

2014年の6月2日(日本時間6月3日)に行われたWWDC2014の基調講演で、Apple社が新開発

記事を読む

no image

待望のRetina iMacが登場! iOSアプリの開発が楽になる?

10月16日(日本時間17日)に行われたAppleの新製品発表会。大方の予想通り(リーク情報通り)i

記事を読む

no image

Swift1.0を含むXcode6のGMが公開

大体2週間の間隔を空けてbetaのヴァージョンナンバーが上がり続けていたXcode。9月9日のiOS

記事を読む

OSXの画面の共有

iOSアプリ作成の第一段階として…まずXcodeが動く本体を購入しよう

iOSのための開発をXcodeで行うと決めたところで、まず必要になるのはMac本体だ。Xcodeは残

記事を読む

no image

Swiftが今年後半を目処にオープンソース化!そしてSwift 2

一時期iOSとOSXの開発からは離れていたけれど、久しぶりの大きなニュースに吃驚! Swift

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Swiftが今年後半を目処にオープンソース化!そしてSwift 2

一時期iOSとOSXの開発からは離れていたけれど、久しぶりの大きなニュ

RunSwiftスクショ
WEB上で動作するSwiftの疑似実行環境 RunSwift・SwiftStub

Swiftの実行環境はMac+Xcode。ウワサのSwift言語に興味

no image
待望のRetina iMacが登場! iOSアプリの開発が楽になる?

10月16日(日本時間17日)に行われたAppleの新製品発表会。大方

no image
Swiftの参考書 電子書籍以外にもボツボツと登場

書店の棚に並んでいるSwift本を見て、正式リリースを実感! 何しろ

no image
Swift1.0を含むXcode6のGMが公開

大体2週間の間隔を空けてbetaのヴァージョンナンバーが上がり続けてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑