*

待望のRetina iMacが登場! iOSアプリの開発が楽になる?

公開日: : ニュース

10月16日(日本時間17日)に行われたAppleの新製品発表会。大方の予想通り(リーク情報通り)iPad製品ラインがアップデートされるという発表内容であったけれど、一方、これまでの例にならって発表時期をずらすのではないかという予想を裏切り、iMacとMac miniのアップデートも発表された。リークされてやけくそになったのではないと信じたいが(笑)、新製品について見てみよう。

Retinaで5Kのディスプレイを搭載した新iMac!

今回のアップデートで、iMacはついに高解像度のRetinaディスプレイ対応を果たした。既にiOSデバイスや、MacbookといったプロダクトではRetina化を果たしていたわけだが、iMacが(ディスプレイのある製品で)一番最後のアップデートとなったのは、何よりも必要なディスプレイサイズが大きかったからだ。
新iMacは27インチディスプレイで、ピクセル数が5120 × 2880pxと、4Kよりもピクセル数の多い5Kディスプレイという仕様になっている。実際、iMacの27インチディスプレイに対して4Kディスプレイを採用しようとすると、1インチあたりピクセル数(ppi)が163ppiとなり、300ppiオーバーのiPhoneや、200ppiオーバーのiPad、Macbook proと比べると目に見えて画質のあらさが判ってしまう、ということで、iMac Retinaの登場はAppleが4Kより上のグレードのディスプレイの安定調達を果たすことが出来るようになってからという見方が主流だった。今回のiMac Retinaは、発表会で強調されたように、5Kディスプレイの単体製品と比べても価格が安い。その辺り、Appleもしてやったりというところだろう。
5Kディスプレイを搭載していながら、新iMacの価格は25万8800円から。ホームユースでも導入を検討したくなるような価格におさえたのは偉い。

Retina iMacがで出ると何が便利になるかというと、XcodeのiOSシミュレータが画面からはみ出ない(笑)。テスト機がなくても開発可能。それだけのために26万円払うのはどうかと思うけれど、深く考えないで飛びつこう。

Mac miniもアップデート



Mac miniも久しぶりにアップデートされた。こちらは、前モデルに比べて地味に全モデルがデュアルコアプロセッサ化と、退行してしまっている部分があるが、Thunderbolt2が2つというポートのアップグレードが嬉しい。さよならFireWire!
エントリモデルが前モデルと同じく5万2800円からで、円相場などを考えると実質値下げになるわけだけれど、企業努力が反映されない地味なアップデートに見えてしまう。まあ、既に前世代のMac miniを持っていて、新機種に乗り換える必要性はないんじゃないか。

とにかく、待望のRetina iMacの発表にインパクトがあった。さっそく予算計画を立てよう。

関連記事

no image

iMac21.5インチエントリモデルが108,800円で登場&Xcode6 beta2のリリース

iOS/OSXプログラミング用に、手頃な価格で買えるMac一式を探している向きには朗報だろうか。Ap

記事を読む

no image

Swiftの参考書 電子書籍以外にもボツボツと登場

書店の棚に並んでいるSwift本を見て、正式リリースを実感! 何しろまだXcode6がbetaの頃

記事を読む

no image

Apple公式Swiftドキュメントが追加。Objective-Cや既存APIとの連携について解説

Swift言語についてのAppleの最初の公式マニュアル WWDC2014でのSwift言語の

記事を読む

no image

Swift1.0を含むXcode6のGMが公開

大体2週間の間隔を空けてbetaのヴァージョンナンバーが上がり続けていたXcode。9月9日のiOS

記事を読む

no image

AppleがSwift情報を発信する公式ブログを開始 そしてXcode6 betaは無償ダウンロード可に

長年のAppleウォッチャーほど、さほど驚きなく受け容れられるニュースかもしれない。 Appl

記事を読む

no image

Swiftが今年後半を目処にオープンソース化!そしてSwift 2

一時期iOSとOSXの開発からは離れていたけれど、久しぶりの大きなニュースに吃驚! Swift

記事を読む

no image

Xcode6 beta5が登場。Swift仕様も変更に次ぐ変更…

まだベータ版であるから仕方ないとは言え、Xcode6 beta3の無償提供開始から一ヶ月を経たずして

記事を読む

no image

Swiftの解説書は電子書籍方面で出始めたみたい

一応まだ言語仕様が固まっていないと思われる、Swift。2014年6月2日、WWDCでの登場から大盛

記事を読む

no image

Xcode6 beta3が登場、Swiftの仕様アップデートあり。これは解説書の購入は”待ち”かも

Appleの新言語Swiftの解説書籍が、WWDC2014での発表から1ヶ月経つか経たぬ内から発売さ

記事を読む

no image

WordPressプラグインCrayon Syntax HighlighterがSwiftに対応!

WordPressブログでSwiftのコードを紹介する際に、これまでは新言語ゆえにコードのハイライト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Swiftが今年後半を目処にオープンソース化!そしてSwift 2

一時期iOSとOSXの開発からは離れていたけれど、久しぶりの大きなニュ

RunSwiftスクショ
WEB上で動作するSwiftの疑似実行環境 RunSwift・SwiftStub

Swiftの実行環境はMac+Xcode。ウワサのSwift言語に興味

no image
待望のRetina iMacが登場! iOSアプリの開発が楽になる?

10月16日(日本時間17日)に行われたAppleの新製品発表会。大方

no image
Swiftの参考書 電子書籍以外にもボツボツと登場

書店の棚に並んでいるSwift本を見て、正式リリースを実感! 何しろ

no image
Swift1.0を含むXcode6のGMが公開

大体2週間の間隔を空けてbetaのヴァージョンナンバーが上がり続けてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑