*

Xcode6 beta3が登場、Swiftの仕様アップデートあり。これは解説書の購入は”待ち”かも

公開日: : 最終更新日:2014/07/14 ニュース ,

Appleの新言語Swiftの解説書籍が、WWDC2014での発表から1ヶ月経つか経たぬ内から発売されはじめているということを紹介した。依然プレビューリリースである言語の解説書を購入するのはリスクが伴うものである。とは言え、言語の基本仕様などのところはいくらなんでも変更が無い筈であり、アーリーアダプター向け日本語ドキュメントとしては、それなりに価値があるだろうといったようなことを書いた。

Xcode6 beta3の発表とともに、Swiftも改定

ところが、7月7日にiOS8 beta3、OSX Yosemite beta3とともに公開されたXcode beta3では、Swiftの基本仕様にもアップデートがあったようである。シンタックス周りの変更も含んだものなので、先行発売されていた解説書の記述も、全体的におじゃんになってしまった感がある。たとえば、Array型の変数・定数宣言(Array<Int>)のショートハンドが変更に。

//これまで
var sampleArray: Int[]()
//これから
var sampleArray: [Int] ()

型宣言の後方に[]をつけるのでなく、型自体を[]で囲むように。従来の宣言方法はエラーこそ出ないものの早くも非推奨に(笑)。
Dictionary型の場合も変更。

//これまで
var sampleDictionary: Dictionary<String,Int>()
//これから
var sampleDictionary: [String,Int]()

また、範囲演算子で終端を含まない場合の書き方が、これまでの”..”から、終端を含む”…”と区別し易い”..<“に変更されるなど。
その他の変更点は、こちらも版がアップデートされた公式ドキュメント”The Swift Programming Language”のRevision Historyの章にまとまっている。公式ドキュメントも更新されたので、iBooks等で落としている人はアップデートしておこう。

betaが取れるまで解説書は買わない方が良いかもしれない

Swiftの発表から意気込んで解説書や解説ページを書いていた人も、書き直しが必要になってくるだろう。言語仕様が180度変わってしまうというのは、これまでObjective-Cで頻繁に見てきたことだけれど、Swiftベータの場合そのライフサイクルがとんでもなく早い。したがって、少なくとも正式リリースになるまでは解説書を買わない方が良いだろう。
一方、Swiftの登場でゾンビになってしまった言語のObjective-Cは、ゾンビの利点を持つことになった。もうヴァージョンアップで仕様が180度変わる心配が無い。ということで、前にも書いた通りゾンビになったのはグッドニュース。今から学ぶにはObjective-Cがオススメ。

(追記)
解説書2冊のうち『Swift離陸ガイド』の方は、beta3に対応した第2版が早速7月10日に出た模様。

関連記事

no image

Swiftの参考書 電子書籍以外にもボツボツと登場

書店の棚に並んでいるSwift本を見て、正式リリースを実感! 何しろまだXcode6がbetaの頃

記事を読む

no image

AppleがSwift情報を発信する公式ブログを開始 そしてXcode6 betaは無償ダウンロード可に

長年のAppleウォッチャーほど、さほど驚きなく受け容れられるニュースかもしれない。 Appl

記事を読む

no image

Xcode6 beta5が登場。Swift仕様も変更に次ぐ変更…

まだベータ版であるから仕方ないとは言え、Xcode6 beta3の無償提供開始から一ヶ月を経たずして

記事を読む

no image

WordPressプラグインCrayon Syntax HighlighterがSwiftに対応!

WordPressブログでSwiftのコードを紹介する際に、これまでは新言語ゆえにコードのハイライト

記事を読む

no image

iMac21.5インチエントリモデルが108,800円で登場&Xcode6 beta2のリリース

iOS/OSXプログラミング用に、手頃な価格で買えるMac一式を探している向きには朗報だろうか。Ap

記事を読む

no image

Appleが新開発言語のSwiftを発表!とりあえずサイトを作ってみた

2014年の6月2日(日本時間6月3日)に行われたWWDC2014の基調講演で、Apple社が新開発

記事を読む

no image

Swiftの解説書は電子書籍方面で出始めたみたい

一応まだ言語仕様が固まっていないと思われる、Swift。2014年6月2日、WWDCでの登場から大盛

記事を読む

no image

Apple公式Swiftドキュメントが追加。Objective-Cや既存APIとの連携について解説

Swift言語についてのAppleの最初の公式マニュアル WWDC2014でのSwift言語の

記事を読む

no image

待望のRetina iMacが登場! iOSアプリの開発が楽になる?

10月16日(日本時間17日)に行われたAppleの新製品発表会。大方の予想通り(リーク情報通り)i

記事を読む

no image

Swift1.0を含むXcode6のGMが公開

大体2週間の間隔を空けてbetaのヴァージョンナンバーが上がり続けていたXcode。9月9日のiOS

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Swiftが今年後半を目処にオープンソース化!そしてSwift 2

一時期iOSとOSXの開発からは離れていたけれど、久しぶりの大きなニュ

RunSwiftスクショ
WEB上で動作するSwiftの疑似実行環境 RunSwift・SwiftStub

Swiftの実行環境はMac+Xcode。ウワサのSwift言語に興味

no image
待望のRetina iMacが登場! iOSアプリの開発が楽になる?

10月16日(日本時間17日)に行われたAppleの新製品発表会。大方

no image
Swiftの参考書 電子書籍以外にもボツボツと登場

書店の棚に並んでいるSwift本を見て、正式リリースを実感! 何しろ

no image
Swift1.0を含むXcode6のGMが公開

大体2週間の間隔を空けてbetaのヴァージョンナンバーが上がり続けてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑