*

AppleがSwift情報を発信する公式ブログを開始 そしてXcode6 betaは無償ダウンロード可に

公開日: : ニュース

長年のAppleウォッチャーほど、さほど驚きなく受け容れられるニュースかもしれない。

AppleがSwift公式ブログを開始

Swiftという斬新で習得後の潰しが効かないプログラミング言語が発表されたのが、6月の頭のこと。これに対してiOSデヴェロッパーの反応は、そこにAppleが用意した山があるからと我先にと飛びついて、数時間でプログラムを作成してしまう者や、ドキュメントのローカライズを始める者、挙げ句の果てにベータ版の状態で電子書籍マニュアルを出してしまう者など概ねぶっ飛んでいた。
したがって、Swiftの発表から笛吹けど踊らずの状況にテコを入れるという意味では決してないであろうけれど、AppleはSwiftに対するより深い理解と普及に努めるため、公式ブログを立ち上げたようだ。
こういった公式ブログを立ち上げての広報は、どちらかというとGoogleのやり方であるように思う。たとえばGoogleのGo言語の公式ブログしかり。Appleのやり方は、極限まで情報を秘匿して、基調講演でジョブスがええかっこできるくらい成熟したものが出来たらそれを公開するという具合だった。けれども、今後Swift言語の新機能や改良というのは、この公式ブログで発表されていく形になるのであろう。それが驚くべき方針転換と言えば、そうなのかもしれない。
ただ、そうしたAppleの方針転換に驚愕するとしたら、もう少し早いタイミングがあったのではないかと思う。ここ数年Appleがオープンになってきているというのは傾向として見て明らかであった。

Xcode beta3を無償ダウンロード可能に

同時に、Appleは有償のデヴェロッパープログラムに登録している開発者のみに公開していたXcodeのbetaヴァージョンを、無償登録者もダウンロード可能な状態にした。
Xcode6 beta3 ダウンロードページ(要デヴェロッパープログラム無償登録)
これにより、Swiftに興味を持っていたけれど、正式に開発環境を手に入れるのは今秋の正式版リリースまで待たなければならないという状態だった層も、Appleの用意した山に登山することが出来るようになったというわけだ。

Objective-Cをまず習得という計画が狂ってしまった…

このサイトの当初計画は、Xcode6の正式版が出るまでSwiftの開発環境が無いので、突貫でObjective-Cを習得し、アプリ配布が出来るまでになったら有償デヴェロッパー登録をしXcode6 betaを手に入れるというものであった。けれでも、今回の無償配布決定によりObjective-Cを習得する動機を失ってしまった…
Swiftの第一歩も並行して踏み出すべきか否か。それが問題である。

関連記事

no image

Apple公式Swiftドキュメントが追加。Objective-Cや既存APIとの連携について解説

Swift言語についてのAppleの最初の公式マニュアル WWDC2014でのSwift言語の

記事を読む

no image

Appleが新開発言語のSwiftを発表!とりあえずサイトを作ってみた

2014年の6月2日(日本時間6月3日)に行われたWWDC2014の基調講演で、Apple社が新開発

記事を読む

no image

待望のRetina iMacが登場! iOSアプリの開発が楽になる?

10月16日(日本時間17日)に行われたAppleの新製品発表会。大方の予想通り(リーク情報通り)i

記事を読む

no image

Swift1.0を含むXcode6のGMが公開

大体2週間の間隔を空けてbetaのヴァージョンナンバーが上がり続けていたXcode。9月9日のiOS

記事を読む

no image

Swiftの解説書は電子書籍方面で出始めたみたい

一応まだ言語仕様が固まっていないと思われる、Swift。2014年6月2日、WWDCでの登場から大盛

記事を読む

no image

Swiftが今年後半を目処にオープンソース化!そしてSwift 2

一時期iOSとOSXの開発からは離れていたけれど、久しぶりの大きなニュースに吃驚! Swift

記事を読む

no image

WordPressプラグインCrayon Syntax HighlighterがSwiftに対応!

WordPressブログでSwiftのコードを紹介する際に、これまでは新言語ゆえにコードのハイライト

記事を読む

no image

iMac21.5インチエントリモデルが108,800円で登場&Xcode6 beta2のリリース

iOS/OSXプログラミング用に、手頃な価格で買えるMac一式を探している向きには朗報だろうか。Ap

記事を読む

no image

Swiftの参考書 電子書籍以外にもボツボツと登場

書店の棚に並んでいるSwift本を見て、正式リリースを実感! 何しろまだXcode6がbetaの頃

記事を読む

no image

Xcode6 beta5が登場。Swift仕様も変更に次ぐ変更…

まだベータ版であるから仕方ないとは言え、Xcode6 beta3の無償提供開始から一ヶ月を経たずして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
Swiftが今年後半を目処にオープンソース化!そしてSwift 2

一時期iOSとOSXの開発からは離れていたけれど、久しぶりの大きなニュ

RunSwiftスクショ
WEB上で動作するSwiftの疑似実行環境 RunSwift・SwiftStub

Swiftの実行環境はMac+Xcode。ウワサのSwift言語に興味

no image
待望のRetina iMacが登場! iOSアプリの開発が楽になる?

10月16日(日本時間17日)に行われたAppleの新製品発表会。大方

no image
Swiftの参考書 電子書籍以外にもボツボツと登場

書店の棚に並んでいるSwift本を見て、正式リリースを実感! 何しろ

no image
Swift1.0を含むXcode6のGMが公開

大体2週間の間隔を空けてbetaのヴァージョンナンバーが上がり続けてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑